やってみた

ライトペインティングの道具とやり方

ネットを見ている時に、たまたまHannu Huhtamo(@hannuhuhtamo)さんの
ライトペインティングの写真を見つけました。
ひかえめにいって神では? すごすぎる……。

Hannu Huhtamoさん(@hannuhuhtamo)がシェアした投稿

自分でもやってみたくなったので、ライトペインティングに必要なものを調べてまとめました。

ライトペインティングの道具

ライトペインティングをはじめるにあたって
最低でも必要なのはカメラ、三脚、光源の3つです。

  • シャッタースピードを遅くできるカメラ

    おもに一眼レフカメラです。

    カメラに特化したスマホ「HUAWEI Pシリーズ」では
    ライトペインティングモードが実装されていて、
    スマホでもライトペインティングが楽しめるらしい。

    ただし三脚はカメラ用に作られていることが多く、
    スマホを取りつけるには別売パーツが必要になる三脚もあるので、
    スマホで撮影される方は三脚選びに注意が必要です。

  • 三脚

    ライトペインティングでは暗闇の中で写真を撮影するので、
    日中の撮影と比べて光量が少なくなります。

    そのためシャッタースピードを長くし、
    露光時間を増やすことで写真が暗くなるのを防ぎます。
    シャッタースピードを遅くする=手ブレするので、手ブレ防止のために三脚は必須です。

    Amazonで2699円という、激安の三脚があったので買ってみました。(Pantan TripodQ5)

    でも今はAmazonの商品ページがPantan Q6というモデルに変わっていて、
    価格も7000円代と高くなっています。
    (Q5の購入履歴から飛んでもQ6のページに飛ばされる)

    Amazonで買うなら、毎年7月に開催されるプライム会員限定セール(プライムデー)の時だと安くなっています。

  • 光源(LEDライト、ペンライトなど)

    ライトペインティングでうつす光です。
    100均に売っているようなLEDライトでOK。

    ボタンを押すとライトがつくもののほか、
    ライトをひねると明りがつくものなどがありますが、
    ボタンを押すとつくライトが使いやすいです。

  • 黒い服

    白っぽい服を着ていると写真にうつってしまうので、
    ライトだけうつしたい人は黒い服を着てやります。

必須ではないけどあるといいもの

  • レリーズ(リモートシャッター)

  • 自分でシャッターを押してからカメラの前に出るのは時間のロスがあるので
    遠隔操作でシャッターが切れると便利です。

  • 蓄光テープなど、目印になりそうなもの

  • 暗闇の中を歩きまわると、うっかり三脚につまずいて
    カメラの向きがズレてしまう場合があります。
    暗闇で光るテープを三脚のまわりに貼っておくと、目印になります。

ライトペインティングのやり方

自己流でライトペインティングをはじめたので
やり方があっているかわかりませんが、私のやり方を紹介します。

  1. 三脚にカメラをセットする

    三脚を組みたて、部屋の壁に向けてセット。
    柱がうつらないように、ズームにして調整しています。
    関連記事三脚の使い方(Pantan Tripod Q5)

  2. カメラの撮影モードをマニュアルにする

    夜に家の中で撮影した時は、シャッタースピードが30秒だと明るすぎて
    自分がめっちゃ映りこんでしまったので、15秒でやりました。
    絞りはF8にしています。

  3. ピントをマニュアルであわせる

    暗いとオートフォーカスが機能しないので、ピントもマニュアルであわせます。
    撮影地点にてきとうな物をおいてピントをあわせてから、
    ピント調節用においたものを取りのぞきます。

  4. シャッターを押す

    レリーズがない場合はシャッターボタンを押してから、カメラの前に移動します。
    ライトの電源をつけて、動かすとライトペインティングの写真が撮れます。

ライトペインティングの写真をキレイに撮るコツ

  • ISO感度を低くする

    ざっくりいうと、ISO感度は高くすると暗い場所でも明るくうつりますが、
    そのぶん写真にノイズが出ます。

    ふだんはオートにしている人も多いかと思いますが、オートにしていると
    暗い場所でうつした時にISO感度があがってしまうので、
    手動でできるだけ低い値にセットします。

    ISO感度を低くして写真が暗くなる場合は、シャッタースピードを遅くして調整します。

  • 長秒時露光のノイズ低減をオンにする

    カメラのメーカーによって、ノイズリダクションとかいう場合もある。
    シャッターを長くあけていると発生するノイズを軽減してくれます。
    わたしの使っているキヤノンのEOS Kiss X3だとメニューのカスタム機能にありました。

ライトペインティングの例

Amazonで買ったLEDペンライトで撮影。
ライト部分が太く、かなり明るく映ります。
LEDペンライト

ペンライトの形が残ってしまい、びみょうな形になりました。
LEDペンライトでのライトペインティング

おしりについているボタンで色が変えられるので、
撮影中に切りかえることで2色をまぜて写真に撮ることもできます。
緑+青系で撮ってみました。
色を変えて2色のライトペインティング

100均で買った5LEDライト。(ダイソー・LEDライトD11)
5つのLEDライトがついているタイプなので5本線が引けるかと思ったら、
光が強すぎて1本にしかならなかった。
100均 5LEDライト

100均5LEDライトによるライトペインティング

同じく100均で買った色が変わるグラデーションライト。(ダイソー・LEDライト46)
中がうねっているのが特徴。
100均 グラデーションライト

ボタンを押すごとにオン・オフと光の色が変わります。
赤→電源オフ→青→電源オフ……といったかんじ。

最後には色が連続で変わるグラデーションモードになります。

光が弱いと、背景の黒がひきたちます。
撮影したのは白い壁だったのですが、黒い布を貼るとより映えるかも。
100均 グラデーションライトによるライトペインティング

同じライトでも、動かし方やスピード、構える向きを変えると違った印象になります。
私はまだ闇雲にブンブン振りまわしているだけなので、
ちゃんとした作品を作れるようになりたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。