HTC VIVEの使い方

【写真あり】HTC VIVE購入後のセットアップ方法

この記事では、HTC VIVEのセットアップの手順を紹介します。

かかる時間はベースステーションの設置に1.5時間、その他セットアップ・ファームウェアの更新に0.5~1時間くらいです。

3時間もあれば終わるはず。

準備

    1. 中身を確認する

      HTC VIVEの同梱物

      セットの中身に不足がないか、確認します。
      ケーブル類は箱が2段になっているので、下の方まで探しましょう。

      • ヘッドセット×1
      • イヤホン×1
      • イヤホンキャップ(替え)
      • ベースステーション固定用マウント(台)×2、固定ネジ×4
      • コントローラー×2
      • ベースステーション×2
      • 指紋拭きとりクロス
      • 充電用コンセント(micro USB接続)×2
      • micro USBケーブル(C1タグ)×2
      • ベースステーション用電源コード(B1タグ)×2
      • リンクユニット
      • HDMIケーブル×2
      • USBケーブル×2
      • リンクユニット用電源(L3タグ)×1
    2. Steamをインストール、アカウントを作成しておく

      HTC VIVEでVRゲームを購入するとき、VIVE PortというHTCが運営しているストアと、Steamという世界中のゲームを販売しているストアのどちらかで購入することになります。

      Steamのアカウントを作っておけば、VIVE PortでもSteamでも購入できるようになります。

      ストアにアクセス&購入したソフトを管理するためのSteamのソフトウェアをインストールし、アカウントを作成しておきます。
      Stean(右上の「Steamをインストール」からインストール)

セットアップ

    1. セットアップURLにアクセスする

      https://www.vive.com/jp/setup/
      HTC VIVEのセットアップ方法1 セットアップURLを開く

      コンシューマーエディション(=通常版)の場合は「VIVE」、HTC VIVE Proの場合は「VIVE Pro」をクリックします。

      ここでは普通のVIVE(コンシューマーエディション)のセットアップ例を紹介します。

    2. HTC VIVE設定用ソフトをダウンロードする

      ダウンロードボタンから設定用ソフトをダウンロードします。
      HTC VIVEのセットアップ方法2 設定用ソフトをダウンロード

    3. HTC VIVE設定用ソフトを実行する

      手順2でダウンロードした設定用ソフトを、実行します。

        1. ライセンス契約に同意する

          「HTCエンドユーザーライセンス契約と使用条件に同意し~」にチェックを入れて「はじめましょう」をクリックします。
          HTC VIVEのセットアップ方法3 利用規約に同意

        2. 健康&安全を読む

          健康&安全の内容を読み、「了解しました」をクリックします。
          HTC VIVEのセットアップ方法4 健康&安全を読む

        3. サインインする

          「サインイン」をクリックします。
          HTC VIVEのセットアップ方法5 サインインする

          ログイン画面の下にあるSteamのボタンをクリックします。
          HTC VIVEのセットアップ方法6 Steamアカウントでサインイン

          Steamのユーザー名、パスワードでログインします。
          HTC VIVEのセットアップ方法7 Steamアカウント認証

          アカウントの個人設定をします。
          HTC VIVEのセットアップ方法8 個人設定

          連絡先メールアドレスに、Steamアカウント登録時に使ったメールアドレスを入力します。

          デフォルトだと「個人の利用データを収集し、使用することに同意します」にチェックが入っているので、データ収集されたくない人はチェックをはずしておきましょう。

          入力がおわったら「完了」をクリックします。

        4. ソフトウェアのインストールを開始する

          「インストール」ボタンをクリックします。
          HTC VIVEのセットアップ方法9 ソフトウェアのインストール

          セットアップには5分〜10分くらい時間がかかります。
          HTC VIVEのセットアップ方法10 インストール画面

          途中でSteamのログインが求められます。

          ログインするまで先に進まないので、タスクトレイのSteamのアイコンが点滅していたらログインします。
          Steamアイコン

          Steamログイン画面
    4. ベースステーションを配置する

      長くなるので別記事にします。

      https://www.5ing-myway.com/setting-htcvive-basestation/

      画面の説明は「次へ」をクリックして次のページに送ります。

    5. リンクボックスにケーブルをつなぐ

      パソコンとHTC VIVEのヘッドセットをつなぐリンクボックスにケーブルを繋いでいきます。
      リンクボックス、USBケーブル、HDMIケーブル、リンクボックス用電源アダプタ(L3)を用意して「次へ」をクリックします。
      HTC VIVEのセットアップ方法11 リンクボックスの用意

      画像ではUSBケーブルとHDMIケーブルにL1、L2というタグがついていますが、現物にはタグはついていなかったです。

      HDMIと書いてあるものがHDMIケーブル、○から枝分かれしているマークが書かれているのがUSBケーブルです。

      リンクボックスの上部には▼VRと▼PCと書いてありますので、▼PCと書かれている方(挿入口がオレンジじゃない方)にケーブルを接続します。

    6. リンクボックスとパソコンを接続する

      リンクボックスにつないだUSBケーブルとHDMIケーブルの端をパソコンにつなぎます。

      つないだら「次へ」をクリックします。
      HTC VIVEのセットアップ方法12 リンクボックスとパソコンを接続する

      ゲーム用パソコンの場合、パソコンの背面にはマザーボード側の端子とグラフィックカード(グラフィックボード)側の端子があるかと思いますが、 グラフィックカード側の端子につないでください。(超重要
      HTC VIVEのセットアップ方法13 パソコンの背面

    7. ヘッドセットのケーブルをつなぐ

      ヘッドセットを用意し、「次へ」をクリックします。
      HTC VIVEのセットアップ方法14 ヘッドセットの用意

      HTC VIVEのセットアップ方法15 ヘッドセットとリンクボックスの接続
      リンクボックスのオレンジになっている端子の方に、ヘッドセットのケーブルをつなぎます。

      接続するとドライバのインストールがはじまりますが、10分くらい時間がかかります。

      タスクトレイにあるアイコンをクリックすると、進行状況を見ることができます。
      デバイスのインストールアイコン

      ドライバのインストール状況

      ドライバのインストールが終わるまでけっこう時間がかかるので、部屋でも掃除して待っていましょう。

      ドライバのインストールがおわると、接続確認の欄に2つチェックが入るので、「次へ」をクリックします。
      HTC VIVEのセットアップ方法16 ドライバインストール完了

    8. コントローラーを用意する

      コントローラーを用意して「次へ」をクリックします。
      HTC VIVEのセットアップ方法17 コントローラーを用意する

      コントローラーの電源を入れて「ステータスライトがグリーンになっているか確認してください」と出ますが、この時点ではグリーンにならずに青点滅します。

      あとで設定するので、ここでは「次へ」をクリックして先に進んでください。
      HTC VIVEのセットアップ方法18 コントローラーの電源を入れる

    9. ルームスケールの設定をする

      「プレイエリアを設定」をクリックして、ルームセットアップを実行します。

      こちらも長くなりそうなので、記事を分けました。
      HTC VIVEのセットアップ方法19 プレイエリアの設定

      https://www.5ing-myway.com/setup-htcvive-roomscale/

    10. ファームウェアの更新をする

      ファームウェア(プログラム)の更新がある場合、Steam VRのウィンドウでアイコンにiマークがつきます。
      ファームウェア更新アイコン

      購入したばかりだと、ベースステーションとコントローラーのファームウェアの更新があるはずです。

      「アップデートがあります」と表示されるので、リンクをクリックしてファームウェアの更新を行います。

      ベースステーションのファームウェアを更新する場合、いちどベースステーションの電源を切り、取りはずします。
      ベースステーションのファームウェア更新

      同梱されているmicro USB(コントローラーの充電用のC1タグがついているケーブル)でパソコン本体と接続し、背面のチャンネルボタンを押しながら電源をつけます。

      2つ同時にファームウェアの更新ができないみたいなので、1つずつ更新します。

      2つともファームウェアの更新がおわったら、ベースステーションを再度壁に取りつけます。

      電源をつけたときに、フロントパネルの表示が「b」と「c」になっていることを確認してください。
      Aになっていた場合は、チャンネルボタンを押して直します。

      ベースステーションのファームウェアを更新したら、次はコントローラーのファームウェアを更新します。
      コントローラーの電源もいちど切ってからパソコンに接続してください。
      コントローラーのファームウェアの更新

    11. イヤホンを接続する

      ヘッドセットの後ろから出ているイヤホンジャックに、付属のイヤホンを差しこみます。
      HTC VIVEのセットアップ方法20 イヤホンの接続

以上でHTC VIVEの設定は完了です。

お疲れさまでした。

VIVE設定ソフトから設定した場合、設定後にチュートリアルが起動されています。
ヘッドセットをかぶって、チュートリアルをはじめてみましょう。

チュートリアルやる前にパソコンの電源を落としてしまった場合は、「SteamVR▼」→「チュートリアルを起動」から起動できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。