RPGツクールMV

WD_PartyChangeの表示カスタマイズ例

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeの使い方とカスタマイズ方法では、パーティ編成ができるプラグイン「WD_PartyChange」を紹介しました。

デフォルトのレイアウト用ファイルの値をいじるだけでも表示項目を変更できますが、内部の処理に手を加えることでもっと自分好みに表示をかえることができます。

この記事では、WD_PartyChangeのパーティ編成画面(プラグインコマンドPartyChange openで呼びだせる画面)のカスタマイズを対象にしています。

カスタマイズ内容はほぼ個人の好みによるものなのでお好きなところだけ導入してください。

わたしが勝手に作ったものなので、このカスタマイズをした結果出たエラーはプラグイン製作者(いずみ様)には問い合わせないでください。

修正前の準備

別のプラグインからWD_PartyChangeを参照できるようにする

WD_PartyChange本体を直接更新するのではなく、カスタマイズ用のプラグインを別に作ってプラグインの処理をオーバーライド(上書き)するようにします。

こうしておくと、プラグイン本体の更新があっても別プラグインで変更した部分は残るので、設定しなおす項目が最小限ですみます。

デフォルトだと、別のプラグインからWD_PartyChangeのオブジェクトが参照できないようになっているのでWD_PartyChange.jsを編集します。

この作業は、WD_PartyChange.jsを更新するたびにやる必要があります。

以下の部分を (function() { の上に移動します。

パーティ編成画面をメニュー画面から呼び出せるようにするカスタマイズをしている場合、Scene_PartyChangeはすでに移動済みなので飛ばしてOKです。

カスタマイズ用プラグインファイルを作る

カスタマイズ用のプラグインファイルを作ります。

ファイル名はWD_PartyChange_Custom.jsとしました。

作ったファイルに以下を記入します。

このファイルをカスタマイズ用ファイルと呼ぶことにします。

つぎから紹介するカスタマイズ用のコードは、この修正用ファイル の // 以下にカスタマイズ用コードを貼りつけ の下に追加してください。

パーティリストのカスタマイズ

「パーティに追加」を表示する

デフォルトではパーティリストの1番下にある空白行にカーソルをあわせて決定すると、メンバーリストからアクターを追加できます。

ツクールMVのデフォルトの装備画面もそうなのですが、この「なにも書かれていない空白の行にカーソルをあわせる」というのが少しわかりづらいんじゃないかな? と思いました。

この空白行に「パーティに追加」という文字を入れて、表示をわかりやすくするカスタマイズです。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ1 パーティにいれるを表示

パーティがいっぱいの時にパーティに入れるコマンドをグレーで表示

デフォルトではパーティ人数がいっぱいの時は、パーティに入れるコマンドが表示されなくなります。

パーティ人数がいっぱいでも、グレーで表示させるようにします。

このカスタマイズをつかうには、WD_PartyChange.jsも変更する必要があります。
WD_partyChangeの以下の部分を、修正前の準備でやったように (function() {の上に移動します。

次に、こちらのコードをカスタマイズ用ファイルに貼り付けます。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ2 メンバーがいっぱいでもコマンドを表示

レイアウト1の選択リストで歩行グラフィックの顔だけを表示する

歩行グラフィックの表示自体はレイアウトファイルの wd_front_charaview をtrueにすることでできます。

しかしレイアウト1で歩行グラフィックを表示すると、歩行グラフィックが行の高さ(デフォルトは36)より高いため、重なってしまいます。
パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ3 レイアウト1で歩行キャラの表示 調整前

歩行グラフィックの顔だけを表示し、行の高さにおさめるカスタマイズです。

※歩行グラフィックのサイズはRTPの48×48のキャラクターを想定しています。

また、画像のサイズが変わるのでレイアウトファイルのwd_front_charaview_yを行の高さと同じにします。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ3  レイアウト1で歩行キャラの表示 調整後

メンバーリストのカスタマイズ

「パーティからはずす」を表示

メンバーをいれかえるとき、メンバーリストの1番下にある空白行を選ぶとメンバーをはずせます。

文字を表示した方がわかりやすいので、パーティからはずすを表示します。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ4 パーティからはずすを追加

パーティメンバーはメンバーリストに表示しない

デフォルトでは、すでにパーティメンバーにいるアクターは、メンバーリストでグレーで表示されます。

どうせ選べないんだったら、非表示にしてもいいのでは? と思ったので変更してみました。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ5 パーティメンバーをメンバーリストに表示しない

メンバーが1人の時にパーティからはずすコマンドをグレーで表示

メンバーが1人の時はパーティからはずすコマンドが非表示になります。

パーティ人数が1人の時に非表示ではなくグレーアウトで表示するようにします。

このカスタマイズは、前述の「すでにパーティにいる人はメンバーリストに表示しない」と同じ処理を更新します。
導入している場合は、以下のコードを this.createContents(); の上に貼り付けます。

「すでにパーティにいる人はメンバーリストに表示しないを導入していない場合は、以下のコードを使います。


パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ6  1人の場合パーティからはずすコマンドをグレーで表示する

非アクティブの場合はカーソルを消す

デフォルトではパーティリストとメンバーリストのカーソルが同時に表示されます。

カーソルが2つあるとまぎらわしいので、メンバーリストのカーソルをパーティリストで決定した時のみ表示するようにします。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ7 メンバーリストのカーソル調整

ステータスウィンドウのカスタマイズ

装備部位を表示する

パーティ編成画面のステータスウィンドウに装備部位を表示します。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ8 装備部位を表示する

なにも装備していないところに-を表示する

装備していない部位が空欄になるので、文字を表示させます。

前述の「装備部位を表示する」と同じ処理を更新するので、導入している場合は以下のコードを this.drawItemName(equips[i], x + slotNameWidth, y + this.lineHeight() * i);の下に追加します。

「装備部位を表示する」を導入していない場合は、以下のコードを使います。

パーティ編成プラグインWD_PartyChangeのカスタマイズ9 装備なしに-を表示する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください