脱出ゲーム

765秒で遊べるプチ脱出ゲームで遊んできた(逆転裁判 in なぞともカフェほか3つ)

コウペンちゃんカフェで渋谷にいったついでに、道玄坂にある「なぞともカフェ渋谷店」にも行ってきました。

なぞともカフェは、小部屋でやる小規模な脱出ゲーム・謎解きゲームが遊べるお店です。

場所がわかりづらいのですが、1Fがユニクロの大きめのビルの4Fにあります。
なぞともカフェ渋谷店 ビル1F

なぞともカフェのあるビルの4Fは、大部分がHootersという美人のお姉さんがいるスポーツバーになっていて一瞬「あれ、フロア間違えた?」となりますが、左手の通路からなぞともカフェに入っていけます。

なぞともカフェの遊び方

カフェスペース(テーブル席)にあるメニューに遊べるゲームが載っています。

遊べるゲームの種類は「ミッションCUBE」と「パーティCUBE」の2種類があります。

ミッションCUBE 2m四方くらいの小部屋でやる脱出ゲーム。
制限時間は基本的に765秒(約13分)
パーティCUBE カラオケボックスの個室くらいの部屋でタブレットでプレイする脱出ゲーム。制限時間20分。

運営会社がナムコなので、常設ゲームの制限時間が763(ナムコ)秒になっているらしいです。

ミッションCUBEはカウンター横にある端末から部屋を予約し、1ゲームごとにお会計します。

プレイ人数、相席を受付けるかどうかを入力し、整理券を受けとったら呼ばれるまでテーブルで待機。

パーティCUBEは端末に表示されていなかったのですが、カウンターの人に直接言ったらプレイできました。

なぞともカフェ ミッションCUBEの部屋ミッションCUBEの部屋

ミッションCUBEは4人まで同時プレイできますが、部屋がかなり狭いので4人だとほとんど身動き取れないと思います。

3人でもけっこうギュウギュウです。

常設の脱出ゲームを遊ぶなら謎パスがお得

コラボ系以外の常設されている脱出ゲームを遊ぶなら「謎パス」の購入がおすすめです。

2回分の料金で、3回分の脱出ゲームが遊べます。(写真は渋谷店の謎パス)
なぞともカフェ お得な謎パス

ただしコラボ料金の脱出ゲーム(2,160円のやつ)には使えません。

また、購入できる時間と使用できる時間が決まっているので、ご注意ください。

販売時間、使用可能時間は店舗ごとに違うので、詳しくはなぞともカフェ公式サイトをご確認ください。

なぞともカフェ(渋谷店)で遊んだゲーム

謎パスで常設の脱出ゲーム3つと、逆転裁判コラボの謎解きゲームを遊んできた感想。

ストーリーの引用部分はすべて、なぞともカフェ公式サイトからです。

たおせないラスボスがあらわれた!

あなたはテレビゲームをしている。人気のロールプレイングゲームだ。あなたはついにラスボス(最後の敵)であるマオウ(魔王)に辿り着いた。もう1回攻撃をすればボスは倒せる。エンディングは目前だ。止めを刺そうと攻撃をした。しかし攻撃はあたらなかった。何回やってもあたらない・・・このままではあなたのパーティーは全滅しゲームオーバーになってしまう。あなたは部屋の中に落ちていた1枚の攻略メモを頼りにたおせないラスボスから脱出することができるか!?

もともとほかの店舗で人気だったものを、渋谷店に持ってきたそうです。

壁に貼ってある謎を解き、精霊の箱(という名の暗証番号式の金庫)を開け、マオウを倒すための金庫を手に入れるのが目的になります。

スクリーンに映しだされるオープニングを見て、ゲームスタート。

脱出ゲーム中はスクリーンに制限時間が表示されるのですが、「たおせないラスボスがあらわれた!」では制限時間が勇者たちのHPで表現されているのがよいですね。

謎はかんたんなものから少しヒネったものまでありますが、すごく難しいというわけではないです。

一部の謎が解けなくても、ほかの解けた謎から答えを推測する「メタ読み」を使えば進むことができます。

とはいえ問題量がそこそこあるので、脱出ゲーム初心者の人は最終問題のあたりで時間切れになるかも。

実際、自分も最終問題の途中で時間切れになりました。
あと2分くらいあれば……!

また料金を払えばもう1回できるのだけど、最後の問題を解くだけだと数分で終わってしまうし、そのために1000円払うのはキツイのであきらめました。

リトライか延長が、200円くらいでできるといいんですけどねー。

ゲーム名 たおせないラスボスがあらわれた!
難易度 ★★★
製作 よだかのレコード

謎めく時の神殿

昼と夜を操り、伝説の指輪を手に入れろ!あなたは伝説の指輪を探して時の神殿へとやってきた。ところが、最深部にたどり着いた次の瞬間、神殿が音を立てて崩れ始めてしまった。あなたの目の前には昼と夜とを切り替えることができるスイッチが。昼と夜を操り、神殿崩壊までに全ての謎を解き明かせ!

この日プレイした脱出ゲームの中で1番楽しかったです。

部屋に入ると昼夜を切り替えるスイッチや宝箱が置いてあって、これだけでテンションあがります。(単純)

宝箱はロマン。

謎の難易度は「たおせないラスボスがあらわれた!」よりやさしく、問題の量も少ないので初心者向きです。

謎が少ないぶんギミックがしこまれていて、単なるペーパーテストではないのが面白かった。

個人的に、机でひたすら問題を解くタイプの脱出ゲームはテストを受けているみたいで好きじゃないです。

結果は180秒ほど残してクリア。

部屋の中には手を触れちゃいけないオブジェクトもあって(禁止マークがついています)、最後はここは触ってもいいのかな……? と迷いつつもクリアになりました。

ゲーム名 謎めく時の神殿
難易度 ★★
製作 ハードナッツ

LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア) in PARTY CUBE

こちらはパーティCUBEです。

元ネタはバンダイナムコさんで発売した同名のゲームソフト。

原作ゲームは未プレイでも大丈夫でした。

タブレットで操作するということで、スマホの脱出ゲームアプリに近い感じです。

タブレットの映像が席の前方にある大型スクリーンに映るようになっているのですが、スクリーンの色が黄色がかっていたのがちょっと気になりました。
(タブレットの映像の色はふつうでした)

謎解きはかんたんな方で、6分くらい残してクリアしました。

もともとパーティCUBEは制限時間が20分と、ミッションCUBEと比べて長めなので余裕があります。

ただタブレットでやる脱出ゲームは無料でいろいろアプリがあるので、わざわざお店で1000円払ってプレイする意味があるかというと微妙なところ。

ゲーム名 LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア) in PARTY CUBE
難易度 ★★
製作 株式会社バンダイナムコアミューズメント
よだかのレコード(制作協力)

逆転裁判 逆転のタイムリミット

弁護士・成歩堂龍一とその助手である綾里真宵は、開店直後のなぞともカフェにやってきた。

今日は真宵が待ちに待った「大江戸戦士トノサマン」のコラボ謎ときCUBEのスタート日。
意気揚々とカフェに乗り込む真宵だったが、警官たちに入店を制止される。
偶然、現場で捜査を担当していた糸鋸刑事に話を聞いたところ、本日スタートする予定だったトノサマンコラボCUBEの中で女性店長の死体が発見されたという。
どうやら店長は開店前、ひとりでこのCUBEのテストプレイを行っている最中に何らかの理由で命を落としたらしい。
犯人として逮捕されたのは、かつての糸鋸刑事の後輩であり、現在はなぞともカフェで働いている「須々木マコ」。糸鋸刑事たっての願いもあり、成歩堂と真宵はマコの弁護を担当することに。 

「なぞともカフェ内でおこった殺人事件の謎を解いて無実の被告人を助ける」という内容なので、脱出ゲームというよりは、謎解きゲームといった感じですね。

ゲームは、つぎのような流れで進みます。

  1. カウンターで冊子を購入
  2. 冊子の謎を解いてカウンターに提出
  3. 2冊めの冊子をもらい、探偵パートのCUBEを予約して捜査(5分×2回まで)
  4. 捜査結果をもとに、2冊めの冊子の謎を解いてカウンターに提出
  5. 法廷パートのCUBEを予約して法廷パートを遊ぶ。(10分)

難易度は、とても簡単。

というのも謎解きはカフェスペースで冊子に載っている問題を解くのが中心で、制限時間がほぼないに等しいです。

脱出ゲームの失敗=時間切れがほとんどなので、時間制限がないと難易度は下がります。

いちおう探偵パート、法廷パートをCUBEの部屋でやることになっていて、ここには制限時間があります。

でも探偵パートはカメラで写真を撮っておけば、あとは写真をみながらカフェスペースで解けるのであまり意味がない。(もっと捜査したかった……)

脱出ゲームに慣れている人は、2冊目の冊子の謎を探偵パートCUBEの時間内に解く縛りをするとちょうどいいくらいかも。

法廷パートは逆転裁判のゲームの法廷パートに近いかんじで、映像をみつつ選択肢をボタンで選んでいきます。

法廷パートに入る前に2冊めの冊子の謎を解いた段階で真犯人や犯行手口が推理できるので、法廷パートはほぼ消化試合な感じです。

操作している時間より、映像を見ている時間の方が長いぐらい。

法廷パートをクリアした時にチャレンジした人数とクリア率がでるのですが、40組・クリア率100%だったので、よっぽどのことがないかぎり失敗はしないかと。

ダンガンロンパのコラボ謎解きはクリア率60%代だったので、逆転裁判コラボは特別かんたんだったのかな、という印象。

コラボ系だし、難易度はかんたんめでも全然かまわないのですが、演出をもうちょっとがんばってほしかったなーと思うところがありました。

メッセージが表示される時の「ポポポ音」などの特徴的なSEが入っていないのが残念。

あと逆転裁判といえばキャラクターの豊かなアニメーションも魅力だと思うのですが、コラボ謎解きの映像はあまり動かないので、やっぱり物足りなさを感じます。

ストーリー的には犯人の手口はわかるけど動機が語られなかったりと、全体的にものすごくあっさりしていて、よっぽどの逆転裁判好きじゃないとオススメしにくい……。

けっこう辛口になってしまいましたが、なんだかんだいって、やっている途中は楽しんでました。

よっぽどの逆転裁判好きはわたしです。

物販ブースでは、謎つきクリアファイル「謎ファイル」も売っています。(全5種類、各1620円(税込))

ゲーム画面ではあまりみられないナルホド君の正面顔。
なぞともカフェ 逆転裁判 謎ファイル

ゲーム名 逆転裁判 逆転のタイムリミット
難易度
製作 バンダイナムコアミューズメント

なぞともカフェの感想まとめ

数年前からブームになっている脱出ゲームですが、難易度の高さゆえに「脱出ゲームに興味はあるけど、ハードルが高くて参加しづらい」と感じてしまう人もいると思います。

実際、初心者が行くとまず脱出できません。

なぞともカフェの謎解きは簡単めに作られているので、脱出ゲームがはじめての人や、ゆるく謎解きを楽しみたい人におすすめです。

脱出ゲーム初心者でも、ギリギリクリアできそうなバランスがよいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください