食べ物紹介

日清の完全栄養食 オールインパスタ(All-In Pasta)を食べてみた感想

日清が完全栄養食のパスタ「オールインパスタ」を発売しました。

完全栄養食というのは、健康を維持するために必要な栄養をすべて含んだ食品のことです。

オールインパスタでは、1食で1日に必要な栄養素の3分の1がとれます

つまり、1日3食オールインパスタを食べれば、すべての栄養が取れるわけですね。
完全栄養食オールインパスタ(All-In-Pasta) パッケージ

こちらが成分表。

あまり聞いたことのない栄養素も入っています。
完全栄養食オールインパスタ(All-In-Pasta) 成分表

完全栄養食はほかの会社からも出ているみたいだけど、実際に食べるのはこれが初めてです。

さっそく食べてみました。

オールインパスタの作り方

作り方はインスタント焼きそばとほぼ同じです。

カップを開けると、麺とソースが入っているので取りだします。
完全栄養食オールインパスタ(All-In-Pasta) 作り方1 麺とソースを取り出す

麺を袋から取りだし、お湯を注ぎます。(約470ml)
完全栄養食オールインパスタ(All-In-Pasta) 作り方2 お湯を注ぐ

麺はふつうのパスタより太くて短めです。

お湯でゆでても栄養素が溶けださないように、麺の中が3層になっているそうなので麺が太いのはそのせいかな?

お湯を注いで6分待ったら湯切りをします。

ちゃんと「ココを押さえる」って書いてある溝のところを持たないと熱いです。

ほぐし用ソースをかけてよくまぜて完成!

匂いはふつうのジェノベーゼ。

バジルのいい香りがします。
完全栄養食オールインパスタ(All-In-Pasta) ジェノベーゼ

オールインパスタを食べた感想

さっそくいただきます。

味は……食べられなくはない、レベル。
(けしておいしいとは言わない)

苦いというほどではありませんが、独特のエグみがあります。

もし食料難でほかに食べるものがないと言われれば食べるけど、ふだんから食べたいか、リピートしたいかというとNOですね。

ボロネーゼも食べてみました。
完全栄養食オールインパスタ(All-In-Pasta) ボロネーゼ

苦い!

ソースの味が濃いぶん気にならないかと思えば、甘めのソースのせいかジェノベーゼよりも苦みを感じました。

でも食べるうちにだんだんと慣れてきたのか、最終的にはジェノベーゼよりも食べやすかった気もします。

けっきょく慣れの問題……?

まとめ

現時点だと味はまだまだ改良の余地があるかなぁと思いました。

麺の食感はかなりいい感じなだけに、味がもうすこし普通のパスタっぽければ……と思ってしまいます。

あとは値段ですね。

毎日食べるのであれば、麺とソースセットで500円以内におさえてもらえるとありがたい。

わたしは食べることにまったく興味がないので、完全栄養食品が発達していちいちご飯のことを考えなくてもよくなるのは大歓迎です。

がんばれ、日清。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください