VRゲーム紹介

看守に見つからないようにアイテム作成! Prison Boss(プリズンボス) VRの紹介&感想

Prison Boss VRをクリアしたんですが、めっちゃ面白かったのでご紹介します。

プリズンボスVRのゲーム内容

刑務所内でアイテムを作ってお金と信頼度をため、刑務所から脱出を目指すゲームです。

こちらが自分が暮らすことになる独房。

意外と広くて快適です。
プリズンボスVR 独房の中

プリズンボスVRでは、アイテムの売買と依頼をこなす昼フェーズと、素材をもとにアイテムを製作する夜フェーズを交互に繰り返していきます。

最初のチュートリアルでは、タバコの作り方を教わります。
プリズンボスVR チュートリアル

夜は看守に見つからないように、こっそりアイテム製作

アイテムの製作はコントローラーを使っておこないます。

タバコならコントローラーで紙を持って2つに破る→その上にタバコをふりかける→紙を丸める→といった調子。

しかし刑務所の中は看守が巡回していて、見つかるとアイテムを没収されてしまいます。
看守に見つからないようにアイテム製作

机の引きだしやキャビネットの中にアイテムを隠しながら、こっそりアイテムを作成しましょう。

ステージによっては、ケーキやクッキーなんかも作れます。

なお、材料は水とリンゴだけのもよう。
粉が入ってない!
プリズンボスVR オーブンでケーキを焼く

昼にはアイテムの売買と依頼で信頼度を高める

夜があけたら昼フェーズです。

商人がやってくるので、夜のうちに作ったアイテムを売りさばいて新しい素材を買ったり、依頼をこなします。

アイテムの値段は日によって変わるので、素材が安いときに仕入れるのがポイント。
プリズンボスVR アイテムの仕入れ

依頼は指定されたアイテムを納品すると、評判がたまっていきます。

評判がたまってレベルがあがると、新しい素材やレシピが手にはいります。

依頼をこなしていくと最後の依頼があらわれ、達成すると脱獄するためのハンマーが手にはいります。
プリズンボスVR 依頼をこなして評判をためる

ハンマーで鉄格子を破ればステージクリアです。
プリズンボスVR ハンマーをつかって脱獄

ステージは4種類 + スコアアタックモードが1つ。

ステージが進むごとに壁の面積が増えて看守の様子をうかがいにくくなったり、看守の数が増えていったりします。

作れるアイテムもステージごとに増えていくので、シンプルなシステムながら飽きにくいつくりになっています。

Prison Boss VRをプレイした感想

単純作業なんだけどモクモクとアイテムを作っていくのが無性に楽しいゲーム。

時間を忘れてプレイしてしまいます。

新しいアイテムの製作方法を教わるときに解説があるのですが、テキストに味があるのも好きです。
プリズンボスVR 味のあるテキスト

看守に見つからないようにアイテム製作をするというゲームですが、時間制限はないしゲームバランスはやさしめなので、ちょっと緊張感に欠けるかも。

○日以内に脱獄せよ! みたいにゲーム中に制限時間があってもよかったかな、と思っています。

とはいえ、VRゲームにしてはボリュームもそこそこあり、満足感はひじょうに高いです。

Steamの個別ページでは日本語対応なしとなっていますが、VIVE PORTのページでは日本語対応となっています。

すくなくともVIVE PORTのサブクスリクションからはふつうに日本語でプレイできました。

日本語対応じゃないから……と敬遠するにはもったいないぐらい面白いので、ぜひプレイしてみてください。

Prison Boss VRのソフト情報

対応機種
機種 対応
HTC VIVE
Oculus Rift
Windows Mixed Reality
PS VR
ソフト情報
項目 内容
ソフト名 Prison Boss VR
ジャンル アイテム作成
プレイスタイル ルームスケール(2m×2m)
価格(PC版) 1,980円
日本語対応
VIVE PORT
サブスクリプション
ストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください