HTC VIVEの使い方

HTC VIVEでルームスケール(プレイエリア)の設定をする方法

この記事では、HTC VIVEのルームスケール(プレイエリア)の設定方法を解説します。

事前準備(コントローラーのペアリング)

はじめてルームセットアップを実行する場合、ペアリングというコントローラーを認識させる作業をする必要があります。

ペアリングをしておかないと、コントローラーが使えずにルームセットアップが実行できないので、必ずおこなってください。

  1. Steamにログインし、Steam VRを立ちあげます。
    Steam VRを起動する

  2. 「SteamVR▼」→「デバイス」→「コントローラーのペアリング」をクリックします。
    コントローラーのペアリング

  3. コントローラーのシステムボタン(1番下のボタン)を押して、ステータスランプが緑色になったことを確認します。

    VIVEコントローラーのシステムボタン

ルームセットアップを立ちあげる

いよいよルームスケールの設定です。

「SteamVR▼」→「ルームセットアップを実行」でルームセットアップを立ちあげます。
ルームセットアップを実行

ルームスケールの設定をする

「ルームスケール」(歩き回る)か「立位のみ」かを選びます。

ここではルームスケールの設定方法を紹介します。
ルームスケールの設定1 種類を選ぶ

  1. トラッキングを確立する

    コントローラーとヘッドセットが利用可能になっているのを確認し、「次へ」をクリックします。
    ルームスケールの設定2 トラッキングを確立する

    コントローラーのペアリングをやっていないと、ここでコントローラーが認識されません。

    また、自分の体でさえぎらている場合も認識されないときがあるので、コントローラーとヘッドセットを部屋の中央において、自分は部屋のはじっこにいると認識されます。

    それでも認識されない場合はパソコン再起動、ベースステーション(センサー)の角度を調整してみてください。

  2. モニターの位置を決める

    コントローラーをモニターに向けて、トリガーボタンを押しっぱなしにします。

    バーが伸びていっぱいになったら、「次へ」をクリックします。
    ルームスケールの設定3 モニターの位置を決める

  3. 床の位置を定める

    コントローラーを部屋の中央に置いて、「床をキャリブレーション」をクリックします。

    キャリブレーションが完了したら、「次へ」をクリックします。
    ルームスケールの設定4 床の位置を定める(キャリブレーション)

  4. プレイエリアの設定をする

    「次へ」をクリックします。
    ルームスケールの設定5 スペースを計測する

    最初の画面ではコントローラーを持って、トリガーを引きながらプレイエリアの枠を歩きまわると書いてありますが、詳細にチェックを入れて、プレイエリアの4隅でトリガーを引くほうがやりやすかったです。

    設定したら範囲が表示されるので、「次へ」をクリックして、ルームスケール(プレイエリア)の設定は完了です。
    ルームスケールの設定6 プレイエリアを設定する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください