VRゲーム紹介

VRで遊ぶジェットコースターSpeed and Screamの遊び方を紹介&プレイした感想

座って楽しむジェットコースターシミュレータ。

ソフトを起動したら、ポインタでステージをセレクト。
ファンタジーっぽい遺跡を走るコースや、月面のSFっぽいコースなど全4種類があります。
Speed and Screamメニュー画面

コースを選んで、トリガーを引いたら、発進!

Traveller

遺跡っぽいところを走るコース。

途中でレールが途切れている! と思ったらフワっと空中に浮いたり、ファンタジーな雰囲気が素敵です。
Speed and Scream ファンタジックなTraveller

最初はぜんぜんスピードでなくてゆっくり走っていたら途中から急加速して、おかしな笑いがでました。

Industrial

2番めの工場内を走るIndustrialは、最初から最後までフルスピード。
The・ジェットコースターって感じ。

山が目の前に……(当然、このあと落下します)
Speed and Scream スピード感あふれるIndustrial

Bloody Mists

ホラーチックな景観を走ります。
雰囲気を楽しむといった目的で、スピードはそれほど出ません。

ホラー苦手でも楽しめる範囲だけど、クモが苦手な人は注意。
Speed and Scream ホラーな雰囲気のBloody Mists

Warp Drive

最後は月面の上を走るコースです。

最初は「あれ? 意外とたいしたことない?」と思いつつ、しばらくしたところで画面上に表示されているスピードの意味を悟るのでした。

まさに「Speed and Scream」のタイトルにふさわしいステージ。
Speed and Scream 月面を走るWarp Drive

Speed and Screamの感想

1コースは2、3分くらい。
VR酔いしやすいので、1回ごとに休憩いれるのを推奨します。

30分かからずに全コース体験できるので、もうすぐVIVE PORTサブスクリプションの更新だけど、まだダウンロード枠あまっているなって時にどうぞ。

効果音があまりしないのがちょっと物たりないのですが(ガタンゴトンと走って欲しかった)、ジェットコースター感はじゅうぶんに味わえます。

雰囲気の違うステージが複数あるのもよかったです。

VIVE PORTのグラフィックカードのシステム要件はGTX980と記載されていますが、SteamではGTX970になっています。

実際にGTX970でも処理落ちせずに動きました。

Speed and Screamのソフト情報

対応機種
機種 対応
HTC VIVE
Oculus Rift
Windows Mixed Reality
PS VR
ソフト情報
項目 内容
ソフト名 Speed and Scream
ジャンル ジェットコースター シミュレーター
プレイスタイル 座って使用
価格 498円
日本語対応 -(言語依存なし)
VIVE PORTサブスクリプション
ストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください