VRゲーム紹介

時間を止めて銃で戦う SUPERHOT VRレビュー

自分が動くときだけ時間も動く、スローモーション・シューティングゲーム。

映画で弾丸がスローモーションで飛んでいくような演出があるけれど、あれを自分で体感できます。

SUPERHOT VRの遊び方

ゲームをはじめると、真っ白い空間にハンドガンが浮かんでいます。
SUPERHOT VR ゲームスタート

手を近づけてトリガーボタンで銃をにぎると、赤い人間が出現。
SUPERHOT VR 敵の赤い人間を撃つ

襲いかかってくるので、撃って倒します。

ステージ内の敵を全滅させると黒い三角が出てくるので、トリガーボタンでつかむと次のステージへ進みます。
SUPERHOT VR ステージクリア

最初はチュートリアルな感じで、敵を殴ったり、手裏剣を飛ばして倒したりしてサクサク進行します。

ステージをクリアしていくと、機械がたくさんある小部屋にたどりつきました。

ディスプレイには、何者かからの指令が映し出されています。
SUPERHOT VR 謎の人物からの指令でストーリーが進行

机の上にあるフロッピーディスクを差し込み、頭上にあるヘッドセットをかぶると、次のステージへ。

自分が動かなければ敵も動かないので、クリアするだけならかんたんです。

敵が構えた銃をそのまま手でむしりとれるんで、ちょっと主人公が強すぎかなという感じはします。

ただクリアするんじゃなく、どれだけカッコいい動きでクリアするかをこだわるゲームかなと思いました。

ストーリークリア後のタイムアタックモードが本編かも。

ストーリークリア後のモード

ストーリーをクリアすると、6つのモードが解禁されます。

  • タイムアタックモード(ゲーム時間)
  • タイムアタックモード(リアル時間)
  • ハードコアモード(銃の弾数が1つ)
  • ヘッドショットモード
  • 不死モード
  • エンドレスモード

ハードコアモードでは銃の弾が1丁につき1発しかなく、ムダ撃ちできないのでよりシューティングっぽくなります。

SUPERHOT VRをプレイした感想

ストーリークリアだけなら2、3時間くらい。

グラフィックは余計なものをはぶいたシンプル・イズ・ベストな構成。

BGMもないし、かなり淡々としてます。

SUPERHOT VRでは、VR版ではないSUPERHOTのストーリーやリプレイ機能が省かれている? みたいなので、なおさら薄味に感じました。

斬新ではありますが、やることはずっと一緒なのでちょっと飽きやすいかな。

車が出てくるステージは楽しかったので、もっとギミックがあるステージが多いとよかったです。

対応機種
機種 対応
HTC VIVE
Oculus Rift
Windows Mixed Reality
PS VR

SUPERHOT VRのソフト情報

ソフト情報
項目 内容
ソフト名 SUPERHOT VR
ジャンル シューティング
プレイスタイル 立って使用(※)
※部屋が広い方がプレイしやすいです。
価格 PC版:2,480円
PS VR版:3,999円
日本語対応 ○(※)
※パソコン版の場合。
 PS4のVR版は英語らしいです。
VIVE PORT
サブスクリプション
×
ストアページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください